第五次厚木基地爆音訴訟

オスプレイ厚木基地に飛来

 

4月1日()に普天間基地を離陸したMV-22オスプレイが大阪の伊丹空港に緊急着陸したことが新聞で報道されましたが、このオスプレイは普天間から岩国基地を経由し、厚木基地に向かい、それから木更津に行く途中でした。

 しかしオスプレイは途中で何らかのトラブルを起こし、伊丹空港に緊急着陸したものです。

 オスプレイの故障の多さ、事故率の高さは周知のとおりですが、またしても、という感じです。

 このオスプレイは4月1日の12時6分に岩国基地に着陸し、12時53分に岩国を離陸した後、13時56分に大阪、伊丹空港に緊急着陸したことが報道されたものです。

 しかし緊急着陸の原因については公表されていないままでした。

 そのオスプレイが4月2日() 13時43分に伊丹空港を離陸し、厚木基地に14時56分に着陸しました。トラブルの原因も公表されないまま厚木基地に飛来したことに強い怒りを感じます。

 厚木基地からは米空母艦載機部隊が岩国基地へ移駐しましたが、米軍は厚木基地を手放そうとはしていません。そのため今後もオスプレイや外来機の飛来が懸念されます。

 厚木基地に着陸したオスプレイは15時36分に離陸し飛び去りました。

写真提供 第五次厚木基地爆音訴訟団事務局長