第五次厚木基地爆音訴訟

第五次厚木基地爆音訴訟の意義と概要

第五次厚木基地爆音訴訟の意義と概要                   弁護団長 福 田  護 1 第四次訴訟の到達点と第五次訴訟の意義 第四次訴訟の地裁と高裁で、私たち厚木基地周辺住民は、これまで損害賠償しか認められて…

報告集会で、最高裁判決を覆す決意

委任状の提出後、報告集会が近くのワークピアで14時から行われました。集会は斎藤昌民原告団事務局長の司会で進行され、主催者あいさつの後、支援団体として全国基地爆音訴訟連絡会、神奈川平和運動センターから激励のあいさつを受けま…