第五次厚木基地爆音訴訟

2021.04.22 海兵隊の戦闘機飛来

22日の昼過ぎ、12時50分頃、米海兵隊の戦闘機、ホーネットF/A18Cが2機、厚木基地に飛来した。艦載機のF/A18ではなく、海兵隊のF/A18Cであった。14時58分、2機とも離陸し飛び去ったかと思えたが、しかし1時間後に再び飛来してきた。どこかで訓練してきたのだろうか。P-1や他のプロペラ機とはけた違いの爆音なのですぐわかる。そして17時30分頃再び離陸音がした。今度こそ飛び去ったのであろう。

海兵隊のF/A18機は昨年6月に飛来してきた記録があるが、その時の飛行にトラブルがあったような気配があった。幸い事故には結びつかなかったが、厚木基地は密集した住宅地の中にある。爆音のみならず、墜落事故などの恐れにも住民は敏感なのである。平和で静かな空を私たちは求めている。

海兵隊のF/A18Cホーネット