第五次厚木基地爆音訴訟

2021.02.10 厚木基地でまたカーゴスリング

厚木基地でまた海上自衛隊によるカーゴスリング(吊り下げ訓練)が行われました。11時過ぎから始まり基地内を1周しただけで約20分ほどで終わりました。ヘリコプターは海上自衛隊のSH60Kの41号機でした。

米陸軍CBRN(シーバーン)部隊の車両が置かれている場所には変化が見られませんでしたが、カーゴスリングが行われるすぐ前に米海軍ヘリMH60R(空母艦載ヘリ)が2機同時離陸したり、米海軍哨戒機P-8Aが着陸したりしていました。航空自衛隊のYS11も駐機していましたし、厚木基地はいろいろな使われ方をしています。

しかし住民にとっての要望は基地返還です。住宅密集地にある厚木基地は返還されればもっと有効利用され、騒音からの解放、安全性の向上、市民生活、街の発展に役立つでしょう。「100年たっても基地の町」からの解消を目指すべきです。

カーゴスリングをする海上自衛隊ヘリコプター