平和で静かな空を

第五次厚木基地爆音訴訟

平和で静かな空を

第四次厚木基地爆音訴訟は、2016年12月8日の最高裁判決で終了しました。

しかし、厚木基地の爆音は減少していません。国内外で、米軍機・自衛隊機の事故も頻発しています。私達は毎日、生活を脅かされ、健康被害を蓄積させられているのです。

この被害を解消したい。平和で静かな空を取り戻すため、私達はあらたに第五次訴訟に取り組むことを決めました。2017年1月から準備会を立ち上げ、原告募集活動を開始し、2017年7月22日に第五次厚木基地爆音訴訟原告団の結団式を大和市保健福祉センターで開催、2017年8月4日に横浜地方裁判所に提訴を行いました。以後も追加提訴を行い、厚木基地の裁判では過去最大の、8800名を超える原告が結集しました。今後は原告全体の力で、厚木基地の爆音被害の解消を求めて、この裁判を闘い続けます。

厚木基地周辺のmapうるささ指数75以上の区域PDF