第五次厚木基地爆音訴訟

2021.06.14 自衛隊機3機種が同時飛行訓練

1時間に30回以上の爆音が襲う

 

6月14日の厚木基地監視行動で、自衛隊機3機種が同時に基地周辺を周回する異常な飛行訓練が確認された。

10時48分から12時7分の間に、P-1哨戒機13回、P3C哨戒機8回、C130輸送機10回と、1~2分間隔の周回飛行とタッチ&ゴーが繰り返された。基地周辺では1時間に30回以上の爆音がまき散らされ、原告団事務所には原告や市民の方から、多くの苦情が寄せられた。

飛行記録表にも1~2分おきにタッチアンドゴーが繰り返されていることが記されている。

タッチアンドゴーを繰り返したP-3C哨戒機