第五次厚木基地爆音訴訟

2021.04.27 艦載機EA18Gグラウラー飛来

4月27日(火)空母艦載機EA18Gグラウラーが厚木基地に飛来してきました。これを爆音訴訟調査研究センターのメンバーが記録していましたので、許可を得て転載します。

 

今日27日、空母艦載機EA18Gグラウラーが4機飛来しました。

2機着陸してそのあと30分してから2機。

先日も同じようなことがありましたが、

滑走路のワイヤーが準備されていなくて、あとの2機がゴーアラウンド(やり直し)。

大きく周辺を旋回して爆音をまき散らしました。

着陸は12:50、13:20。どこかで訓練をしてきた可能性があります。

タンクをたくさん抱えていますが給油に1時間近くかかっています

15:30に離陸しています。

先週の海兵隊機、今日の空母艦載機と外来機が来たので、海自の旋回飛行が、追いやられています。

今日も空いた時間帯でP1とP3Cが3機で旋回飛行をしていました。

2機はあるけど、3機は珍しい。

昨夜も9時過ぎまで飛行していました。

訓練を稼がなくてはならないのはヘリも同じで、普通、旋回飛行は2機ですが、4時から5時半くらいには4機で回っていました。

管制官の交通整理がたいへんそう。

 

ところで、先週の海兵隊機ですが、先乗りで整備スタッフとパイロットが

厚木に入っていたという情報があります。

多分それは当たっているのではないでしょうか。

そうでなければ、あれほど過重な訓練ができないと思います。

燃料タンクを多く積んで飛来したEA18Gグラウラー

4機駐機しているグラウラー