第五次厚木基地爆音訴訟

2020.10.26 厚木基地に米陸軍パトリオット部隊

10月22日(木) 突然の情報が入りました。米陸軍が10月26日から11月5日まで厚木基地内において日米共同演習に関連して、パトリオット部隊が単独でシミュレーション訓練を実施するとのことです。大和市の基地対に入った連絡ですと、訓練概要は陸軍パトリオット部隊を所在基地から機動的に展開させ、各部隊間を通信でつなぎ、弾道ミサイル等からの防衛をシミュレーションする訓練だということです。実際に部隊が厚木基地に車両20両と人員50名程度集結するということで、すでに26日から米陸軍パトリオット部隊が厚木基地に集結しています。この訓練を10月26日(木)から11月5日(木)まで実施するということです。

10月26日(月)には第五次訴訟団・厚木爆同・平和運動センター・県央共闘会議などのメンバーが急遽厚木基地南側フェンス前で抗議行動を行いましたが、厚木基地をこれ以上自由勝手に使用させることは許せません。

この種訓練は今まで厚木基地で行われたことはなく、2年前に横田基地で行われたことがあるそうですが、その時は沖縄・嘉手納基地の陸軍が行ったそうです。

厚木基地ではこのところ自衛隊が物資吊り下げ訓練やパラシュートの投下試験訓練などを行っており、艦載機が岩国へ移駐したことと関連があるのか、今までされたことのない訓練が頻繁に行われるようになってきました。このままですと、厚木基地は自衛隊のみならず、米軍にも使い放題使われる事態となり、基地返還への道は遠ざかるばかりです。